お金をかけずにお子さんの文章力を養う秘訣とは?

例えば、

・「ジュースがどうしたの?」

・「ジュースをどうしてほしいの?」

と尋ねてあげれば、

・「ジュースが飲みたい。」

・「ジュースを取ってほしい。」

など、子どもの明確な意志が返ってくるはずです。

先日、授業中に

「先生、見えません。」

という生徒の言葉に対して、

「えぇ~っ? 僕は〇〇さんには見えてないの?(笑)」

と驚いてみせると、

「あ、ホワイトボードの字が先生で見えません。という意味でした。」

と笑顔で返してくれました。

彼女の言いたいことはわかってたんですけどね♪

私たちは普段はそんなに意識せずに会話をしていますが、文章は論理的にできています。

会話は自然にできるのに文章を書くとなると難しく感じるのは、会話のときに作る文章に論理性が乏しいからなのです。

毎日のちょっとした会話でも丁寧に取り組むことで、お子さんの言葉に対する論理的な意識を高めることができます。

そのためにも、「察しの悪い大人」を演じてみるのはいかがでしょう?

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square